徳島 中津峰
夫婦で山歩きホームページトップへ

行程  2017年3月4日、11日
 3/4  徳島市内=金谷=いやしの道 入口-山頂-展望台-林道-いやしの道 入口=如意輪寺=徳島市内
        7:25         8:10-8:20     9:18  9:45         10:34
 3/11 徳島市内=金谷=いやしの道 入口-山頂-パラグライダー基地手前-林道-いやしの道 入口
         7:30         8:10      9:30-9:37                        11:00
       =如意輪寺=徳島市内           

コースと概要  以下、クリックで地図、写真拡大します
3/ 4  近場の中津峰山に里山歩き。今年の初物フキノトウ
3/11  この前の中津峰山ショートコースでフキノトウを見つけ、
      「柳の下のドジョウ」ならぬ「フキノトウ」を狙って再訪です。

3/4
最近はまっている光と影と林の風景です。
山頂から景色。展望もばっちり。
高丸山~雲早山~旭丸 そして旭丸の右側遠くの白い山は矢筈山、石堂山 。

山頂 天津神社

高丸山~雲早山
~大川原高原

雲早山

矢筈山、石堂山

無人の山頂

枝が左右反対に

展望台

シャクナゲ園へ
山頂休憩所は時間が早く、中津峰愛好家グループもおらず無人。
展望台へと移動。向き合った木の枝、右と左に伸びる
  風の影響ではなく、太陽の向き
  でもない。真ん中を登山道が通
  っているためかも。
このシーズン初めてのフキノトウに出会う。いただきました。
いやしの道の入口に戻るとランナー二人に遭遇です。この後、如意輪寺へ。

このシーズン初
のフキノトウ

いやしの道の入口
トレールランナー
3/11 
下側の登山口になる金谷では、蜂須賀桜が満開(^^)/。
このところ嵌まっている光と影と樹林の景色に出会えました。
今回も山頂は無人。
展望は少し霞んでいる。
昨年、フキノトウの群生を発見したパラグライダー基地方面への林道に。なんと、ひと足遅れたようで、ほんの数株あるのみ。葉が散らばっていたので、おそらく先行者がおられたのでしょう。

山頂から林道へ


パラグライダー基地手前

如意輪寺のスミレ
余談
登山靴の靴紐締め方。NHKの山番組で紹介されて。出ているタレントが、「いやあ、楽に歩けるようになった。素晴らしい」と大仰な反応。
一番上まで紐をかけたあと、下の段の金具に下げかける方法。足首を締め付けずに歩きが楽になるとの事。実査に試し、いままで通りと一段下げを左右で分けてやってみたが違いは全く感じられず。